マンドリンをご縁にお世話になった方々へ

直接演奏の仕事等に関わりのある方々などにはお話していましたが、ここで改めてご報告させていただきます。初めてお伝えする方にとっては突然で失礼します。

この度、私は塩尻を離れることになりまして、神戸に転居する運びとなりました。それに伴い、長野県での演奏活動はもちろん、音楽業を一区切りつけさせていただく決断をさせていただきました。
事情を話すと細かくなりますので、ここには詳細を書くのは控えさせていただきますが、私、そして家族の事を考えて決めさせていただきました。

私のような細々と活動をさせていただいたものがこんなことを発表するのはいささか大げさな気も致しますが、マンドリンをご縁に私を知っていただいた方々すべてに直接お話しすることが出来なかったのでここに書かせていただきました。

長野県で演奏の初仕事をさせていただいてから11年ぐらいでしょうか。そこからマンドリンを通してたくさんの方々にお世話になりました。大変なこともあり ましたが社会人をやめて音楽活動が行えたこの期間は何事にも変えられないものになりました。この決断によりご迷惑をおかけしてしまった方には本当に申し訳 なく思っております。いろいろ悩んだ上での決断でしたのでご了承ください。ほんとごめんなさい。

いろいろ思い出など感謝の思いを込めて書こうと思ったのですが、文才の無い私。全然まとまりません!実質、先日のサロンコンサートが自分主催の最後の演奏 になりましたが、「悔いない!」って感じでした。MandoRingで折井さんやかなでおん、レザンの方々や駒ヶ根の方と一緒に弾けたのもよかったです。

これからについてですが、演奏で生計を立てていくことは無いので、「お気楽プロマンドリニスト」の「プロ」という今までえらそうでした肩書きは外させていただきます。
ただ、私個人的には「一生マンドリンの勉強が出来れば。」という思いもとでの決断でもあります。しばらくは楽器を触る暇も無いと思いますが、もし時間が出来たらまた細々とはじめようと思います。腕だけは落とさぬように致します。(今以上落とすと致命的?)

なのでひとまずこのブログも終わりです。ただ、マンドリンによって出来た繋がりはこれからも大切にしていきます。かなでおんの定期演奏会も予定通り行います。またどこかで私を見かけましたら声をかけてください。

これから怒涛の引越し作業が待っています。簡単な挨拶で申し訳ありませんがこれにて失礼します。応援していただいた皆様、本当にありがとうございました。